So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

痛い!痛い!!痛い!!!(無い無い尽くし!) [徒然雑感]

痛い痛い指先-191207-1.jpg


痛い痛い指先-191207-3.jpg


爪が剥がれて痛いし、力が入れられない!!

ので、絆創膏等で四六時中補強していた。(これはクリニックで教わった。)

が、案じていた通り、指先の腹側が白くふやけて剥けて来た。
すぐに何カ所が割れて血が滲むようになってしまった!

爪は一枚剥がれ切って、返って痛みが、落ち着いたのだが、
それとは比べものに、ならない強烈な痛みに襲われるようになった!(泣!)



本当に!
「痛い!」ったら無い!!



箸が使えない!

字が書けない!

服の着替えが大苦労!(特に下履き!)

ボタンが扱えない!

コインが摘まめない!

カードの出し入れも一苦労!

ネックレスの付け外しが出来ない!

マニュキアは勿論、指輪も辛い!
(マニュキアは「爪を保護するのに塗ると良い」と医師に言われた。)

ハサミが持てない!使えない!

包丁も一苦労!

枝豆が食べられない!

みかんを剝いて食べられない!

薬をシートから出すのがとても大変!



主婦だから、洗い物は日常茶飯事!

炊事洗濯掃除にも水はどうしても使う。



介護も「真っ最中」なので、手洗いしないとならない事が多い!

汚れ物を洗うのが凄く辛い!

洗い物で、傷が割れて出血してしまう!超痛い!


etcetc.... 

nice!(86)  コメント(25) 

手足口病の後遺症、と、「寝落ち」の原因解明・・??? [徒然雑感]

★★★

長いです。
つまらない愚痴日記です。
どうぞお時間のあります時に。。

★★★





聞いたことも見たことも無い、びっくりの初体験、

=爪が根元から剥がれる!!

のが、手足口病の後遺症によくみられる症状だと聞いて、少しほっとした。
2000年に医学的にも証明されたばかりらしい。

手足口病事態に罹患するのに、やはり耐力の衰えがあり、免疫力の低下があるらしい。
手足口病そのものも、その後遺症として発症率の高い爪の根元からの剥がれも、
個人差は大きいものの、やはり免疫力が低下しているところへ
何らかの細菌が加わってー、

ということらしい。


左手の親指と、右手の人差し指がまず始まり、右手の親指、右手の中指、右手の小指、
へと連鎖した。

191129現在、今は爪が殆ど剥がれ落ちていて、痛い事は痛いが、
「剥がれかけた爪に引っかかって酷く痛い」と言う状況からは救われている。

始め医者には「半年から1年のスパンで」
と言われ、

「爪が自然に伸びるのを待つしかない」

と知り、かなり絶望的ではあったのだが。。

まあ、もう少し我慢していれば、もう少し指が使えるようになりそうだ。

一番困っているのは母のトイレ介護。
自身のトイレでの下履きの上げ下ろしにも困るのだが、まだ加減が利く。

母の下の世話をするのに「親、人差し、中」の3本の指で、しっかりと
おしめや下ばきをあれこれする必要がある。

普段のパット式ならそう苦労は無いのだが、就寝前のスーパーおしめだけは
なんとも苦労している。


暮れに向かってカウントダウンが始まっている。

「この指で乗り切るしかない」

と思うと気が重いが、やるしかない!!



そうそう。

しょっちゅう寝落ちしていたワタクシ。。
時分でも呆れるくらい酷かったし、実際に日常生活にもかなりの支障が出て来ていた。

自律神経系の薬を中学生のころから服用しているのだが、
「朝食後」と「夕食後」の2回、決められた薬を服用する。

その医師に寄ると、

「まだ確かではないが、夕食後に服用している薬の影響が大きいかもしれない。
 試しに服用する時間を寝る直前にしてみてください。」

と、つい一週間前に言われ、現在変更してみている。


と、今度は朝の薬の服用の後、寝落ちするようになってしまった。

考えれば当然だ。
寝る直前に服用して「夕食後」の薬の威力がまだのこっているうちに
「朝食後」の薬を服用してしまうのだから、薬の量が多過ぎるのだろう。

そこで、「朝食後」の薬を「昼食後」としてみることになったのだが、
出掛けていることも多い昼には、なかなか服用が難しい。

また、長年、「昼の薬」が無かったので、ついつい忘れてしまう。

そうこうしているうち、いつ、どちらの薬を飲んだのだか?
自分でも混乱してしまい、訳がわからなくなってしまっている。


うぅ~~ん。。
困った。。
nice!(92)  コメント(23) 

根元から爪が剥がれて。。 [徒然雑感]

ひと月ほど前位から、爪が根元から剥がれるようになってしまい、
痛くて堪らないし、バンドエイド等での対応にも限界が早く、ほとほと困っている。

クリニックでは紙絆創膏での対応を教わったのだが、
紙絆創膏では主婦の水仕事は一切出来ない。

あれこれ考えて「バンドエイド」がいくらか「まし」だった。


特に下履きの上げ下ろしには苦労している。
自分自身のも、だが、母のおしめの上げ下ろしなど、どうしても指の力が要る。
即ち爪がちゃんとしていてくれないとー。。


始めは左の親指と、右の人差し指だけだった。
それだけでも、聞いたことも見たことも無く、何科に罹ればよいかもわからず、
すっかり往生していた。



とりあえず相談に寄ったネイルサロンで、
皮膚科の受診を勧められ、近くにあるのをネット検索で見つけて飛んで行った。

「ああ、乾燥から良くなるんですよ。」

と医師。

「乾燥から」と言うには、まだ10月で、それほどの乾燥は実感できない。
これから冬に向かって、もっと本格的に乾燥していったらどうなってしまうのだろうー!?



「よくある。」

と言われるが、60数年生きて来て、聞いたことも見たことも無い。


治すには自然治癒しかなく、自分本来の新しい爪が生えて来るのを待つ以外
無いようだ。

なので、最短でも半年から一年は掛る、と恐ろしい事を言われた。


とにかく気休め程度の軟膏を貰って、後は絆創膏で剥がれている爪を抑えるしか
手が無いようだ。

次々と根元側からの剥がれが連鎖しているみたいで、
特に右手は薬指以外全部なってしまっている。


ボタンの付け外し、
薬のシートからの取り出し、
お金などをつまむ動作、
お箸、
字を書くこと、

等々。。

日常何気なくやっている動作がいちいち出来ない、痛い、

で、困り切っている。






こんな疾病の話を聞いたことがある方、
または良い対処法をご存知の方、

いらしたら是非ともお教え願いたい。。(ペコリ)



nice!(90)  コメント(23) 

ポッキーの日。。 [徒然雑感]

ポッキー&プリッツの日-191111.jpg


いつもお世話になっている「#もみ処らく屋#東池袋#ミムピー」で教えて頂きました。

らく屋-191111-8.jpg


らく屋-191111-7.jpg


らく屋-191111-3.jpg


らく屋-191111-2.jpg


らく屋-191111-1.jpg


らく屋-191111-4.jpg


らく屋-191111-5.jpg


らく屋-191111-6.jpg



他にも「ポッキー&プリッツの日」やら「11×11」で「サッカーの日」やら、
いろいろあるようです。
nice!(89)  コメント(13) 

生存報告-1  2019年秋 [徒然雑感]

身体中、あちこちの不調に悲鳴を上げながら、母の介護やら、
日常の雑務やら、なんとかこなしています。


pcに接していられる時間が激減してしまいましたー!!


年齢的にもちょうど「身体の変わり目」に来ているみたいです。

母の介護も、お陰様で母が元気で居ますので、まだまだ当分続くことと思いますので、
ぼちぼちと。。

「あくまで出来る範囲」でのんびりやらせて頂こうかな・・?

なんて一人勝手に思っています。。


ついでながら、93歳になる主人の郷里の義母も最近心身ともに不調でー。

主人の帰省の頻度も上がっています。
その主人も殆ど病気知らずで来ましたが、やはり寄る年波には勝てず、
最近はあちこちの不定愁訴が始まってしまいました。。


ということもあって。

「のんびり」「ぼちぼち」でー。

今後ともお付き合い下さい。


nice!(84)  コメント(21) 

台風19号、お見舞い申し上げます。。 [徒然雑感]

気にはなりながらも「記事の更新」一つ、なかなかままならず。。


被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。




お陰様でこちらはなんとか被害無く。。

マンションの緊急理事会が招集されたりはして、少しバタバタしましたがー。

知人友人、親戚など、近しい方々にも被災は無く、大いにほっとしているところです。。





!!!!!

ああ!もうこんな時間!!

早く寝ておかないと!!

pcでブログ俳諧するのも10日ぶりくらいか?
と思われます。

理事会の連絡メールがあることが多いので、
メールだけは極力毎日目を通すようにしていますが、
ネットの方は、一回見始めると、つい時間を忘れてしまうので、
頑張って見ないようにしています。


病気がちなお母様を介護しながら、忙しい仕事もこなしていらっしゃると思われる
某曽根風呂ユーザーさん。

最近記事の更新がさっぱり無いし、他の方々のpageにも足跡が無い。

ワタクシも他人様の事、気にしていられる場合ではないのだけど、
やはり気になるので、ついつい覗きに来てしまいます。


単に忙しいだけなら良いのですが。。



春(3月3日頃)に始まった、心臓のバクバクの発作は未だに治まりません。


寝落ちばかりしてしまい、ちゃんと布団で眠れない日もついつい多くなっています。


もう「こんな時間」ですが、今日「こそ」はきちんと「布団で」寝たいと思っています。



          

                 おやすみなさい。。




nice!(86)  コメント(18) 

無事(?)復活。。 [徒然雑感]

So-Netブログからssブログへの移行に伴って、嫌な予感。。
案の定、上手く移行出来ず。。

母の一件もあり、ブログは仕方なく手を抜きました。
ワタクシ自身の体調は、残念ながら未だに「良好」とは言えません。


So-Netブログでいつも仲良くして下さっていた皆様、

意に添わず、とは言え、ご無沙汰いたしました。
また新しいssブログでのお付き合い、宜しくお願い致します。

体調がもう少し回復するまで、皆様のところへお邪魔する機会を少し
減らさざるを得ないかもしれません。
更新も今まで以上に間遠になるかと。。






今日、10月5日(土)も、30度迄届く真夏日となりました
予報では「今年最後の真夏日」になるでしょう・

とは言っていましたが。。

同じ真夏日でも朝晩がこう涼しいと、夏のあの暑さとはかなり違いますね。
既に「秋冷」と言った言葉が似あう頃だと思うのですが、
この秋(?)の紅葉は「12月」以降にもなってしまうそうです。

温暖化の影響著しく、年々紅葉の時期が遅くなっているらしいですね。


真夏日、猛暑日の続く夏とももうお別れです。

今度は暮れに向けて、また忙しい日々が始まることでしょう。
紅葉を愛でる間があるか否か?

皆様もお身体お気をつけて、日々お健やかにお過ごし下さい。



nice!(99)  コメント(25) 

母の入院騒ぎとワタクシの体調不良と。。 [徒然雑感]

(長いです!!流し読みか、お時間のある時にでも。。)

**************************

はぁ。。

参った参った!!

手足口病はともかく、春から続いている体調不良が、かなりMAXに近い時に、
母が車椅子から滑り落ちる事故があり、その後はとにかく「痛い」しか言わない。

救急車を呼ぶほどでもなさそうだが、入院施設のある病院で診てもらうには
「その方=とにかく救急車を呼ぶ」のが一番なのだ、と今回痛烈に学んだ。

手順を間違えてしまったので「救急車は呼べない状態」になってしまい、
しかも今の病院は殆どが予約制。
整形外科等、レントゲンを撮ってもらえそうな診察科のある病院では
「その日」の電話ではまず診てくれない。

しかも予約が取れるのは数日先で良いほうとなる。

本人はとにかく痛がっていてる。
レントゲンだけでも撮って、現状把握だけでもしたい!!


骨セメント療法の手術を聖路加病院で受ける前に、お世話になっていた整形外科の
クリニックが近所にあるので、ともかくはそこへ走った。

ギリギリセーフ!
午前中ラストの患者になったが、お昼前に診て貰うことが出来た!!


背骨の上部と下部に2か所、気になる箇所がある、とのこと。

母に触診をしながら医師が訪ねると、上部はたいしたことないが、
下部の方がかなり痛い、と。

医師によると、上部の小さい傷が新しいものなので、
昨夜、滑り落ちた時に出来たものでしょう、と。

下部の傷は大きいものの、前々から良く訴えている腰の痛みと関連したもので、
まず心配はない、と。


入院の必要もとりあえずは無いと。

「ちょうど今朝からショートステイのお世話になることになっているのですが?」

「ショートステイ先が引き受けてくれるのなら問題ないと思いますが。
 あとは様子見で、痛みが強くなったり長く続くようだったら、
 今度は入院設備のある病院で診て貰って下さい。」


本来はこの日の朝、ショートステイ側から車での送迎があったのだが、
医者に連れて行くため、送迎を断っていた。

なんとか医者を13:00に出て、薬も近くの薬局で、13:00-15:00は昼休みなのを
待ってもらい、13:15頃、薬もget。

ショーステイに行く支度はしてあったものの、突然の滑り落ちに寄る医者行きの為、
いろいろと変更点が出てしまい、

母と遅めのお昼を急いで食べてからも、なかなか支度が進まない。

既にこの日の午前の予定はキャンセルしてあったし、午後の予定も仕方なくキャンセル。
せめて夜の約束だけでも遂行したい、とは思っていたし、なんとかなりそうかな?

とは思っていたのだが。


母をショートステイの施設に連れて行くのが「17:00」を過ぎてしまった!!

普通、こういった施設の入隊所は「10:00-16:00」内に行われることが多い。

電話で遅れることを伝えたが、「上と相談するので少し待って欲しい。」
と言われてしまった。

ワタクシ自身が体調が悪い上に、夜中からのバタバタで疲弊しきっている。

仮に夜の約束がキャンセルになっても、とにかく「ゆっくり休みたい!!」

と思って息を詰めて待っていると、

「お受けできますので急いでお出で下さい。」

と言って貰えた!!
助かったぁ~~ぁ!!!


母自身の体調にはまだ少し不安はあったが、
「体調の変化など、何か不具合があったら、即、今回のショートステイは中止です。」

と言う一文のもと、母を預かってもらうことが出来た。



その母も今日の夕方、帰宅することになっている。

こちらの疲れは抜けていない。
むしろ毎日のように走り回っていて、グロッキー状態。。

もつかなぁぁ・・???




nice!(77)  コメント(11) 

水が止まった水路-2019.初秋 [徒然雑感]

水路2019.初秋.jpg

毎年、大概、8月31日(=夏休みの終わり)には水が止まるのが恒例だったのが、
今年は何故か9月半ば迄ー急に肌寒くなったころまでー水が並々と供給されていた。

暑い日などは子供連れで結構にぎわっていたが、台風や雨の日も多く、
水路自体が寒々しい雰囲気になってしまい、

「早晩、水は止めるのだろうけど、惜しまれるくらいがちょうど良いのに。。」

と独り言ちでいた。

急に寂しくなって、寒々しくもなった水路。
いよいよ冬への準備が始まったか。。

都会の真ん中の小さな公園だが、それなりに動植物も居て、
ワタクシ達都会人の小さなオアシスになっていることは間違いない。




お陰様で「手足口病」は大分良くなりました。
元々足裏の角質が剥けやすい体質なので、きっとそこが狙い撃ちされているのでしょう。
未だに3回目の皮剥けになっていて、角質と一緒に真皮までごっそり剥けてしまうので
流石に痛くて閉口しています。

そんな中、8月下旬には「家族総出でのお誕生日会」を強行しました。
主人からも例年通り、お誕生日の花束を。。

     内緒ですが、花束が年々可愛く小さくなっていっている気がしています。。

お陰様で母も元気ですが、若いほうのワタクシや主人の方が、
「あっちが痛い、こっちが痛い。」
と始まりました。

子供が居ないのでなかなか自分の年を実感し辛いのですが、こればかりは皆平等。

みんな揃って同じ速さで同じだけ年をとりますね。
nice!(81)  コメント(16) 

あぁん!!もう!! [徒然雑感]

8月後半に罹った「手足口病」。。

8月下旬の、一番イベントの多い時に殆どひきこもり状態!!
(8月後半には家族3人の誕生日がそれぞれあり、
    誕生日会など,レストランの予約等もしていたので。)

確かに体調も悪かったが、「手足口病」は「ウイルスによる感染症」とのことで、
他人様に移す可能性が高いらしい。

キスはおろか、握手も危ない!!


そんな「手足口病」がようやく8月末に収束してくれた、と思いきや!!

一旦良くなったように思われたのだが、9月に入って、本人も忘れたころになって、
足の裏の皮が真皮迄ごっそりと固まって剥けてしまう!!

皮剥けは多少見てくれが悪いことを除けば、さほどのことはなかったのだが。。

真皮迄剥けてしまうと、歩かないでも結構ピリピリと痛い。


足の裏の痛みが少し落ち着いて来たかな?

と思ったら、今度は手のひらの皮が改めてぽろぽろと剥けだした。
手の皮は、足の裏より先に、一度派手に剥けていたので、

「もう終わった!!」

とばかり思っていたのだが。。

いつになったら解放されるのだろう・・???



nice!(103)  コメント(30) 
前の10件 | -